アベマキ (d)
ブナ科:広葉樹(落葉)
  この辺りでは「ホウスナラ」(漢字不明)と呼んでいます。クヌギのように深く裂け目のある表皮はコルク質が厚く押すと弾力があります。この付近でも里山では多く見られますが当社の山林では、よく似たクヌギと同様、あまり見られません。
クヌギとの区別は葉の裏側に毛が多く生えていて白っぽく見えるかどうかで区別します。またドングリの付け根の皿(殻斗(カクト)といいます)にあるモジャモジャのヒゲがクヌギの場合、反り返っていることで区別できます。(文章表現力がないのでわかりづらいと思います。秋にはドングリの写真をご紹介します。)
 
アベマキ樹形
アベマキ葉
アベマキ樹皮
アベマキ切断面
表紙に戻る