アブラチャン (油瀝青)
クスノキ科:広葉樹(落葉)
  この木がお好きな方には申し訳ないのですが、材木屋的見地から言えば、正直言って全く見栄えのしない木です。太い幹にもならず地面から何本も細い幹が、せいぜい3mぐらいの高さで群がって生えています。(そのため「ムラダチ」の別名があります。)
ただ、クスノキ科に属すためか葉は快い香がします。実から油が採れ、また樹皮にも油分が多く燃えやすい(中国語で石炭などの燃料をチャンと呼ぶそうです)ため「アブラチャン」というカワイイ名になりました。先が尖った卵型4〜5cmの葉には鋸歯がなく(全縁と言います)互生。
 
アブラチャン樹形
アブラチャン葉
表紙に戻る