アカマツ (赤松)
マツ科:針葉樹(常緑)
  写真では細そうに見えますが大木になると30mを超えるものも珍しくありません。尾根など乾いた土地に多く見られますが、最近は町内の山でも松くい虫などの被害が目立つようになってきました。今にマツタケも幻の味になる時が来るかも知れません。材は古来から建築材料に用いられ、構造材(梁や桁の部分)、床材、鴨居、敷居、造作材に多く使われます。脂(ヤニ)の多い材です。
 
アカマツ樹形
アカマツ樹皮
アカマツ切断面
アカマツ木目
表紙に戻る