アカシデ (赤四手)
カバノキ科:広葉樹(落葉)
  この辺りの雑木林ではよく見られ、「クマシデ」「イヌシデ」が黄葉するのに対し、名の通り赤く色づき、また新芽も赤いことが名の由来のようです。他のシデと同様、樹皮には「シデ目」と呼ばれる縦じま模様が見られますが、葉が小さく、また側脈も約半分の10対ほどです。
葉は小さいですが樹高は他のシデと同程度の15m前後に成長します。当社山林ではよく見かける落葉高木です。
 
アカシデ樹形
アカシデ紅葉
アカシデ葉
アカシデ樹皮
表紙に戻る