アオハダ (青膚)
モチノキ科:広葉樹(落葉)
  雌雄異株の落葉樹です。木の名前からそれがどんな木なのか想像できることがよくありますが、この木もその1つで木肌が青いところから名が付いています。ただし一番外側の樹皮ではなく、その下の内樹皮が緑色をしているためです。緑色なのに「青信号」と呼ぶように日本人は緑色のことを古来から「アオ」と表現しますが、これもそのようですね。
「キハダ」はかなり高木に成長し太くなるので材としても重宝され、内樹皮も黄檗として漢方薬に使われるのに対し、「アオハダ」は8m程度にしか成長せず、あまり太くなりませんが材としては硬いので木工などに使われます。
 
アオハダ樹形
アオハダ葉
アオハダ実
アオハダ樹皮
表紙に戻る