アラカシ (粗樫)
ブナ科:広葉樹(常緑)
  常緑高木で樹幹は直立するので見栄えのする樹種です。「アラカシ」とは葉の鋸歯が粗くて硬いことから由来しています。樹皮は裂目はありませんがざらざらしています。宮城県・石川県以南の暖帯林に生育し、当社山林でもふもとに近い場所に多く見られます。
新緑時には茶色っぽい葉を付け、まるで枯れたかのように見えるのでカシの仲間でも区別がしやすい木です。
他のカシと同様、非常に硬く重い材質なので強度はありますが加工が難しい材です。
 
アラカシ樹形
アラカシ葉 アラカシ葉
アラカシ樹皮
表紙に戻る