アセビ (馬酔木)
ツツジ科:広葉樹(常緑)
  常緑の小高木なので、冬枯れした山林に入ると高木の下層木として見つけることができます。材木としての価値はほとんどなく庭園木などに使われます。
漢字では「馬が酔う木」と書きますが、葉や花に毒があるため馬が誤って食べると酔ったようになることが由来だそうです。しかし馬はこのような木を本当に食べることがあるのでしょうか?
 
アセビ樹形
アセビ葉
アセビ花
表紙に戻る