バッコヤナギ (跋扈柳)
ヤナギ科:広葉樹(落葉)
  北海道から四国まで広く分布する落葉小高木です。図鑑などでは樹高3〜8mとなっていますが、先日、会社近くの山林の土手で15m近くになるもの(写真の木ではありません)を見ました。日当たりの良い崖などの土地に多く見られます。
早春は黄色っぽい花をつける木が多いのですが、これもその目立つ花のひとつで3〜4月頃黄緑色のネコヤナギのような花をたくさんつけるためその存在がよくわかりますが、花がなくなってしまうと目立たない木です。樹皮は太くなってくると縦に裂け目が出てきます。材は黄褐色。適度な軟らかさを持つため、まな板など器具に使われます。
 
バッコヤナギ樹形
バッコヤナギ花
バッコヤナギ樹皮
表紙に戻る