エゴノキ (野茉莉)
エゴノキ科:広葉樹(落葉)
  別名「チシャノキ」といいますがこの辺りでは「マンシャ」と呼ぶことが多いようです。高さ5〜7mぐらいの小高木で森のあちらこちらで結構見られます。樹皮はサツマイモのようにやや紫かがった灰色で滑らかな肌をしています。5月半ば過ぎに白い花がびっしりと見られるので、「ああ、ここにマンシャがあったんだな。」と気付かせてくれます。花びらが5弁のかわいい花ですが、つぼみも小さい卵をいっぱいぶら下げているようでこれもなかなかです。
材としてはあまり太いものは期待できませんが、割れにくくかつ粘りが強いことから鎌などの柄に使われるそうですが、和傘の骨を支える部分の材料としても需要があるそうで、春先にこの木の幹や太い枝(5〜10cmぐらい)を集めておられる人もいます。
 
エゴノキ樹形 エゴノキ樹形
エゴノキ花 エゴノキ花
エゴノキ樹皮
表紙に戻る