ガマズミ
スイカヅラ科:広葉樹(落葉)
  林道を走っていると5月頃、乳白色の小さな花がびっしりかたまってひとつの大きな花のように見えます。秋10月中頃には赤い南天のような実がたくさん付いていて、この年2回が「ガマズミ」を目立たせる時期でもあります。
丸くて鋸歯が目立ち両面に細かい毛が生えた葉を持つこの「ガマズミ」ですが、これまたよく似た「コバノガマズミ」があります。こちらはどちらかというと西日本に多い種で、葉が「コバ(小葉)」というより細長いのが特徴です。ところが今回写真に撮った場所では偶然にも30mほど離れた場所で「コバノガマズミ」を見つけました。「ガマズミ」は北海道から九州まで分布し、山では普通にみられる3m程度の落葉樹です。
 
ガマズミ樹形
ガマズミ葉
ガマズミ花
ガマズミ実
表紙に戻る