ヒノキ (檜)
ヒノキ科:針葉樹(常緑)
  火を熾すときにこの木の枝を使ったことから「ヒノキ」の名がついたとか。葉の写真でおわかりのように裏に白くアルファベットの「Y」の文字のように見えます。サワラはこれが「X」の文字にように見えますので区別できます。(「サワラ」参照)
尾根は松、谷は杉、その中間の土地に多く植林されます。当地方では「東濃ヒノキ」の名で有名です。当社山林の人工林でも代表的な樹種です。
材質は薄いベージュ、もしくはピンク色で、独特の芳香を持ち、この材も古来から高級建築材料に用いられ、柱を始め、さまざまな部分に使われ、スギ同様、日本人にとってはなくてはならない木です。
 
ヒノキ樹形
ヒノキ葉
ヒノキ樹皮
ヒノキ切断面
ヒノキ木目
表紙に戻る