カナクギノキ (鐵釘木)
クスノキ科:広葉樹(落葉)
  名前は、材が金釘のように硬く、樹皮も錆びたように赤みを帯びていることからきているようですが、一説には鹿の子の模様(バンビの背中の模様)が樹皮の模様と似ていることから「鹿の子木(カノコギ)」が訛ったものというのもあります。いずれにしても釘の代用になるわけではありません。西日本の暖帯に多く見られる木ですが、当社山林は暖帯には属さないはずなのにまあまあ見られます。
 
カナクギノキ樹形
カナクギノキ葉
カナクギノキ樹皮
カナクギノキ切断面
表紙に戻る