カツラ (桂)
カツラ科:広葉樹(落葉)
  写真のように根元から株立ちするものが多く大きな木(30m以上)になるため、森の中でもよく目立ちます。雄雄しい幹に比べ、丸いハート型のかわいらしい葉をつけます。
材の色が濃いものをヒガツラ、淡いものをアオガツラと呼びますが、前者の方が優良材とされています。材質的には、肌目は緻密で、柔らかいが反りにくく、加工性も良い材です。用途としては、造作材、化粧用単板、家具などに使われます。
 
カツラ樹形
カツラ紅葉
カツラ葉
カツラ樹皮
カツラ木目
表紙に戻る