ケンポナシ (玄圃梨)
クロウメモドキ科:広葉樹(落葉)
  当地方では「テンポナシ」と言います。名に「〜ナシ」とついているのは実を支える柄の部分の味と香りが梨に似ていることから由来しています。
樹皮表面は、褐色を帯びていて、ワニ皮より細かく縦横に浅く裂け鱗片状に見えます。
辺材は黄白色、心材は黄褐色で、辺心材の境目は広葉樹にしてはかなりはっきりしています。
肌目のやや粗い材で、乾燥により割れやすいですが狂いも少ない材質で、床柱、床板、落とし掛け、造作材、装飾材、化粧用単板、家具、楽器などに使われます。
 
ケンポナシ樹形
ケンポナシ葉 ケンポナシ葉
ケンポナシ樹皮
ケンポナシ切断面
ケンポナシ木目
表紙に戻る