キブシ (木五倍子)
キブシ科:広葉樹(落葉)
  山林の崖の近くや道路沿いのコンクリート吹き付け面近くなどでも良く見られます。株立ちして樹高も2〜3m程度であまり目立たない樹種ですが、山が新緑になる前の3〜4月頃、房状になった黄緑色の実のような花(「総状花序」といいます)を枝にたくさんぶらさげるので簡単に見つけることができます。
「五倍子(ごばいし)」とはヌルデ(ヌルデのページを見てください)の葉にできる、見た目ちょっとキモ悪い虫こぶから採れるタンニンを主とする染料です。キブシの実にもそれに似たものが採れることからこの字が使われています。お歯黒の原料にもなったそうです。
 
キブシ樹形
キブシ花
表紙に戻る