コバノミツバツツジ (小葉三葉躑躅)
ツツジ科:広葉樹(落葉)
  松林など痩せた山地のふもとなど身近なところで見られ、4月頃にきれいな紫色の花をつけます。
ミツバツツジの仲間は多いのですが、それぞれに日本での勢力範囲が違うようで、この写真は西日本(長野県以西)に多い「コバノミツバツツジ」と思われます。ただし当地方は「トウゴクミツバツツジ」の分布(東北〜近畿)とも重なっており区別するには容易ではありません。前者は葉が出るより先に花が咲くものと思っていましたが、葉と同時ぐらいに咲くのもあるようで、後者と区別するには花の中の雌しべまで見なければなりません。雌しべの下半分に毛が生えているのが後者の「トウゴクミツバツツジ」、毛が生えていないのが「コバノミツバツツジ」です。
 
コバノミツバツツジ樹形
コバノミツバツツジ葉
コバノミツバツツジ花
表紙に戻る