コウヤミズキ (高野水木)
マンサク科:広葉樹(落葉)
  早春だけというとこの木に失礼ですが、他の木が全く花も緑も見せないまだ冬枯れしている3月下旬ころから「コウヤミズキ」は黄色いシャンデリアのような花をたくさん咲かせるので、この時期だけはとても目立つ存在です。といっても「コウヤミズキ」は当地方(東海地方)で多く見られ、東日本には分布していないとのことです。また、これとよく似た「ヒュウガミズキ」は北陸から兵庫北部にかけての日本海側、「トサミズキ」は文字通り高知県で見られ、それぞれ分布が限定されています。
高さ3m程度の低木で山地の崖などによく見られます。
 
コウヤミズキ樹形
コウヤミズキ花
表紙に戻る