メグスリノキ (目薬ノ木)
カエデ科:広葉樹(落葉)
  目薬としてこの樹皮を煎じたものが良いとされたことから名がつきました。カエデ科ではありますが、モミジ型の葉ではなく3枚セットの楕円形です。
紅葉の時期以外はあまり特徴がないので注意していないと見落としそうな木ですが、紅葉はとてもきれいで、普通の木は「緑→黄→赤」もしくは「緑→黄」と変化するのが多いのですがこの木は「鮮緑→鮮赤」と変化し、周りの木を圧倒しそうす。
 
メグスリノキ樹形
メグスリノキ紅葉 メグスリノキ紅葉
メグスリノキ葉
メグスリノキ樹皮
表紙に戻る