オヒョウ
ニレ科:広葉樹(落葉)
  別名アットゥシともいい、ともにアイヌ語のため漢字名がありません。葉に突起があり、葉さえ枝に付いていればすぐにわかります。沢沿いに見られるはずですが当社山林ではあまり見かけません。
樹皮は縦に浅く裂けていますが、アイヌの人々はこの樹皮の下の内樹皮を水に晒して叩いて繊維を採り、糸にして着物を編んだそうです。(アットゥシ織り(アツシ織り)と呼ばれます)
 
オヒョウ樹形
オヒョウ葉
オヒョウ樹皮 オヒョウ樹皮
オヒョウ切断面
表紙に戻る