オオモミジ (大紅葉)
カエデ科:広葉樹(落葉)
  イロハモミジと同様、典型的なモミジの葉の形をしていますが、サイズはやや大きめです。オオモミジもカエデ科ですが、「カエデ」とは葉の形が「蛙手」に似ていることが語源とのこと。
太平洋側の山地の谷沿いなどに多く分布しています。材は、他のカエデ科と同様、緻密で硬く割れにくいのが特徴です。
 
オオモミジ樹形
オオモミジ紅葉
オオモミジ樹皮
表紙に戻る