サワラ (椹)
ヒノキ科:針葉樹(常緑)
  見た目はヒノキそっくりですが、よく観察すると葉の先がヒノキより尖っていること、葉の裏の気孔群(白い部分)が「X」の形に見えること(ヒノキは「Y」)、枝の張り具合が、ヒノキのそれと比べやや細く、また上に伸びずやや下向き加減に見えることなどから違いがわかります。しかし、本当に良く似ています。(切った場合は、匂いの差でよくよかるのですが・・・。)
心材は黄褐色、辺材は黄みがかった白色で辺心材の境目はくっきりしています。ヒノキほど芳香は強くなく、軽くて加工性がよく水気に強く耐朽性も大きい材ですので、鴨居、敷居、造作材、建具、家具、浴槽、樽、桶など広範に用いられます。
 
サワラ樹形
サワラ葉
サワラ木目
表紙に戻る