シナ
シナノキ科:広葉樹(落葉)
  当社山林ではあまり見かけませんが大木になると20mぐらいになる落葉高木です。樹皮は薄く剥がれるような裂け目があり、昔はこの内樹皮の繊維(縦に裂けてとても強靭)から袋や縄などを作ったそうです。葉は葉柄が長く、尖ったハート型をしています。
ベニヤ合板としての用途が大部分で、それ以外にも家具などとしても用いられます。軽くて軟らかく乾燥、加工が簡単な一方、割れやすく耐久性も低いので注意が必要です。
でも、ある時レストランで、この木で作った大きな一枚板テーブルを見かけました。褐色を帯びた白っぽい色で、店の雰囲気をとても上品に醸しだしていました。
 
シナ樹形
シナ葉
シナ樹皮
表紙に戻る