タニウツギ (谷空木)
スイカズラ科:広葉樹(落葉)
  この辺りは太平洋側と日本海側の両方の植生が見られ、この写真の樹種は日本海側に多く見られる「タニウツギ」だと思うのですが、ひょっとしたら太平洋側に多い「ニシキウツギ」の変種の「ベニバナニシキウツギ」かもしれません。(自信がなくてすみません)
「ニシキウツギ」は本来名の通り、二色(白とピンク)の花をつけますが、変種の「ベニバナニシキウツギ」はピンク色のみの花をつけるので区別がつきません。種子が異なるとのことですが、誰かご存知の方、教えてください。林道の土手や路肩などに群生しているので5月中旬頃になると、その花の色のため存在がよくわかります。
 
タニウツギ樹形 タニウツギ樹形
タニウツギ葉
タニウツギ花 タニウツギ花
タニウツギ樹皮
表紙に戻る