ウリハダカエデ (瓜膚楓)
カエデ科:広葉樹(落葉)
  地元では単に「ウリ」と呼びます。
暗く縦に入った筋と、横に入った菱形の裂け目が特徴です。特に若い枝・幹は樹皮が緑がかっているため、瓜そっくりに見えることからこの名前がついたそうです。幹はまっすぐ上に立っていますが、枝もあまり横に張らず上に向かって伸びます。
材は写真のように、あまり特徴のない普通の材ですが、材色が白っぽく割れにくいため、こけしの材料として使われているそうです。また、板にすると滑りにくいため、フローリングにも適しています。
 
ウリハダカエデ樹形
ウリハダカエデ葉 ウリハダカエデ葉
ウリハダカエデ紅葉
ウリハダカエデ樹皮 ウリハダカエデ樹皮
ウリハダカエデ木目
表紙に戻る