ヤマボウシ (山法師)
ミズキ科:広葉樹(落葉)
  「山帽子」とも書き、さほどこの辺りでは頻繁に見られる木ではありませんが、庭木ではよく見られます。葉の縁に沿って走る長い葉脈でミズキの仲間とわかりますが、一番目立つのは6月頃咲く白い花でしょう。しかし4片の花に見えるのは実は苞で本当の花は中心にある緑色の部分です。
庭木ではあまり大きなものは見られせんが、山では10m以上の高木に成長します。硬い材です。
 
ヤマボウシ樹形 ヤマボウシ樹形
ヤマボウシ葉
ヤマボウシ花
ヤマボウシ実
ヤマボウシ樹皮
表紙に戻る