ヤマグワ (山桑)
クワ科:広葉樹(落葉)
  養蚕に栽培されるクワは刈り込みしてあるため低木ですが、10m程度(この写真では約5m)になります。養蚕にはこのヤマグワのほか中国原産の多くの品種があるそうです。葉は互生し卵状の楕円形ですが、時にいろいろな形に裂けた形になります。夏にはイボイボの形をした甘酸っぱい果実(クワイチゴ)が成ります。当社山林には写真のような小径木はあるものの、板を取れるほどの木は殆ど見たことがなく木材としての蓄積はきわめて少なく貴重な材です。全体に黄味を帯びた材質で年輪も明瞭ですが、硬くて曲げにも強い保存性の高い木です。美しい杢の出ることがあり、磨けば年月を経ると褐色の光沢が出ることもある高級装飾的材です。  
ヤマグワ樹形
ヤマグワ葉
ヤマグワ樹皮
ヤマグワ木目
表紙に戻る