ヤマナラシ (山鳴)
ヤナギ科:広葉樹(落葉)
  ドロノキとよく似た木ですが、ドロノキは湿った場所、ヤマナラシは主に乾燥地に生育しています。葉の裏が白っぽく大型で葉柄が長いため風が吹くとよく翻るのがわかります。(ホオノキもよく目立ちます。)ヤマナラシという名も風が吹くと大きな音が出るからだそうですが、そんなにびっくりするほどの音ではありません。
樹皮はドロノキより白っぽく、幼木のドロノキのような菱形の模様が特徴的です。大きなものでは20mにもなる高木です。
 
ヤマナラシ樹形 ヤマナラシ樹形
ヤマナラシ葉
ヤマナラシ樹皮
表紙に戻る