ヤマウルシ (山漆)
ウルシ科:広葉樹(落葉)
  シロモジとならんで当社山林で最もよく見られる落葉小高木ですが、人によってはひどくかぶれるため最も嫌われる木でもあります。高さ2〜4mですがまれに10m近くになり、秋には他の落葉樹に先駆けて鮮やかに紅葉します。よく似た木で、実から蝋を採る「ハゼ」があり、これも紅葉がきれいですが、当社山林には生えていません。(今のところ発見できません。)葉は中心軸の先に一枚の葉が出てその軸の両側に葉が互生している「奇数」羽状複葉です。(参考までにサワグルミ、オニグルミ、ネムノキ、カラスザンショウなんかも見てください。)木材としてはあまりこれと言った用途はないようです。ちなみに漆器に使われる「漆」は別の木です。  
ヤマウルシ紅葉
ヤマウルシ葉
表紙に戻る