株式会社 金山チップセンター 会社案内 サイトマップ お問い合わせ
木材チップ 木くずリサイクル 森林整備 森の響 薪販売 木の辞典
ホーム薪の伐り出し体験2006年

 
薪は三度、人を暖めるという諺があります。
 
 

あなたは三度暖まっていますか?あなたの『一度目』とは薪割りだけではありませんか?
実は、『一度目』は薪になる木を伐り出すときと、それを薪に割るときと二回も暖まってしまうのです。
弊社では、この『一度目』を皆さんに体験してもらいたいと、去る11月4日に「薪の伐り出し体験」を開催しました。

 
 2006年11月4日(土)快晴 (下呂市金山町内)
 
伐採現場の森   今年の開催場所は昨年に引き続き弊社から約5分の下呂市金山町内の山林です。比較的平坦で伐採体験が初めてという方には適した場所でした。当日は昨年同様、快晴。気温も20度ぐらいで快適な条件。  
       
自己紹介   今回は昨年の倍近くの41名の参加をいただきました。地元金山町に来日されている英会話指導員のギャビン・ピアシーさんも特別参加です。まずは自己紹介から。  
       
スタッフ伐倒   最初にスタッフがお手本を披露。うまく倒れてくれました。  
       
伐倒解説   伐る時のポイントを、切り口を見ながら解説。これがわからないと伐倒できません。  
       
チェインソー解説   3つの班に分かれ、まずはチェインソーのしくみを学びます。  
       
伐倒   では実際に伐ってみましょう。習ったとおりにできるでしょうか?  
       
伐倒瞬間   お見事!迫力ある瞬間です。  
       
玉切り   全員で玉切りです。10数台のチェインソーのエンジンが一斉に唸りを上げると、熊も近づけません。  
       
森林散策   お父様がガンバっている間に奥様とお子様は落ち葉拾いゲームを兼ねた森林散策に出発です。  
       
玉切り丸太   あっという間に作業終了。お持ち帰りいただく玉切り丸太は来シーズン皆さんのご家庭を暖めてくれることでしょう。  
 
このように、当日は各自、車に積めるだけご自分で伐った原木を玉切りしてお持ち帰りいただきました。
何かと不手際もあったかとは思いますが、1日楽しんでいただけましたでしょうか?
次回もまた企画を新たに開催しますので、またの参加をスタッフ一同、お待ち申し上げております。
今回参加いただけなかった皆さん、本当に申し訳ございません。次回のお申し込み、お待ちしております。
 
※2005年11月5日開催のレポートはこちら→