マ行

マルバノキ (丸葉の木)

マンサク科:広葉樹(落葉)

写真では見事に赤いハート型に紅葉しています。別名ベニマンサクとも言い、きれいに色づくため庭園木や生け花の材料としても使われています。低木で2~3m程度ですが複数の幹が群れ立って生えるため特に紅葉の時期には目立ちます。

マンサク (満作)

マンサク科:広葉樹(落葉)

「豊年満作」という言葉にあるように大変めでたい名前なので店などでは商売繁盛を願ってか、春に咲くこの木の花を飾ったりするのを見ます。文字通り早春にはやや濃い目の黄色の花を枝中にびっしりと咲かせます。
早春に黄色の花を咲かせるのはこの他、「コウヤミズキ」「アブラチャン」「ダンコウバイ」(いずれもこのホームページに出ています)などがありますが、その中では最も大きく成長し5~10m程度になります。

ミズキ (水木)

ミズキ科:広葉樹(落葉)

この木も当地方では呼び名が異なり、「水草(ミズクサ)」と呼ぶことが多いようです。なぜ、「木」が「草」になったのでしょう。それはともかく、春先に枝を切ると樹液がしたたるのでこの名がつきました。
写真ではわかりにくいですが、枝は規則的に1年毎に輪生状に生える(階状枝:写真上部)ため、きれいな樹形になります。
年輪はやや不明瞭。強い材とは言えませんが、こけし、玩具、漆器木地その他器具、薪炭などに用いられます。

樹皮

ミズナラ (水楢)

ブナ科:広葉樹(落葉)

かつては輸出されるほどの高級材とされています。「オーク」というと「カシ」を連想しますが実際はこのミズナラを指すことのほうが多いようです。
樹皮は灰褐色で縦に不規則な割れ目が入っていますが老木になると、「えっ!これがミズナラ?」と思えるほど様相が変わるものもあります。里山の雑木林でもよく見かけるコナラと異なり、より海抜の高い所に生育しています。
葉もコナラのそれと異なり、葉縁の鋸歯が大きな三角であること、また葉柄がほとんどないことですぐ見分けられます。
乾燥が難しい材ですが硬いためフローリングなどの床材、家具などに使われます。

木口
whisky樽

ミズメ (水目)

カバノキ科:広葉樹(落葉)

「サクラ」の名がついていますが、カバノキ科に属します。
水平に突起した点線上の縞模様があり、ウダイに似ていますが、皮を少し傷つけて匂いを嗅いでみると消炎鎮痛剤に使われるサロメチールに似た匂いがするのが特徴です。材は割れや狂いが少なく、靱性も大きいため床材、造作材、内装材、家具、器具など高級材として用いられます。

樹皮
木口

ミツデカエデ (三出楓)

カエデ科:広葉樹(落葉)

メグスリノキと同様、3枚セットの葉をつけているので、山でこれを見かけた時、葉が高い所にあるとメグスリノキと間違えてしまうのですが、メグスリノキより全体にやや小さく、葉の先端側半分に粗い鋸歯が目立ち、厚さもやや薄い感じがします。
この木もメグスリノキと同じく紅葉がみごとです。

樹皮

ミツマタ (三叉)

ジンチョウゲ科:広葉樹(落葉)

文字通り枝が3つに分かれているのが特徴です。写真は間伐され日光がよく差し込む杉林の下で撮ったもので、当社山林ではここでしか見られません。本来原産地は中国とのことですが、昔植えたものが生き残っていたのか、またはどこかで栽培されていたものが逃げ出してここに居座ったのか、いまだナゾなのですがこの辺りいっぱいに群生しています。
春先に写真のような見事な黄色の花を咲かせ、よく目立ちます。樹皮はご存知の通り、高級和紙の原料として使われます。

樹形

メグスリノキ (目薬ノ木)

カエデ科:広葉樹(落葉)

目薬としてこの樹皮を煎じたものが良いとされたことから名がつきました。カエデ科ではありますが、モミジ型の葉ではなく3枚セットの楕円形です。
紅葉の時期以外はあまり特徴がないので注意していないと見落としそうな木ですが、紅葉はとてもきれいで、普通の木は「緑→黄→赤」もしくは「緑→黄」と変化するのが多いのですがこの木は「鮮緑→鮮赤」と変化し、周りの木を圧倒しそうす。

樹皮
紅葉

モミ (樅)

マツ科:針葉樹(常緑)

「モミ」というと、クリスマスツリーの木を連想するかもしれませんが、この木は日本特産で、当社山林でも天然林の中でよく見られます。
樹形はクリスマスツリー型の円錐形で、きれいな形をしていますが、葉は堅くて触るとチクチクと痛いです。
材は全体に灰白色を呈しており、辺心材の境目ははっきりしませんが、中にはくっきりと分かれているものもあり、そのような材は嫌われがちです。軽軟なため加工性はありますが、強度はあまりよくなく、やや狂いやすい材質です。

木口